DAW & DTM

Digital Performer10のシーケンス画面上にInstrumentsを表示させない方法

投稿日:

DAWシーケンスが新しくなりアップグレードしたはいいものの、使い方が変わっていたりインターフェースが変更されていて戸惑ってしまうこともありますよね。

今回はその一つ、『シーケンス画面上にInstrumentsが表示されている状態を直す方法』を書いていきます。

Digital Performer10へアップグレード

安定している環境を崩したくないので、アップグレードは慎重になってしまうのは当然の話ですよね。
アップデートして不具合起きたら仕事にならないんです。
昔は不具合が良くあったので、周りの情報かき集めてやっとアップするって感じでしたが・・。

そんな中でDigital Performer 8 から 9 にアップデート

↓2019年4月現在はDigital Performer 10が出ております!
変更方法はDP9も同様です。

優れたワークフローや豊富な付属音源により、インスピレーションを具現化するプロフェッショナルDAWソフト。

変更したい点が2つあります。

  • 英語に戻す方法がわからない
  • シーケンス画面の上にInstrumentsが表示され裏側に回ってくれない

英語に戻す方法はこちらをご覧ください↓

今回はシーケンス画面の上に立ちはだかる問題

DAWの画面をクリックしてもInstrumentsが裏側に回ってくれないんですよね。
これではシーケンス画面が見えません。

後ろに下がっていただきたいのですが・・。

どうやら新しく追加された機能のようです。
お恥ずかしい・・

Instrumentsの画面右上のMini Menuをクリック

そしてFloatingのチェックを外す

以上、解決方法でした。

当たり前のように操作に慣れていた場合、ちょっとした変更点で躓いてしまうものです。
同じ症状で困っている方が解消されましたら幸いです。







follow us in feedly

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
なる

なる

音楽と映像と写真と料理とお酒をこよなく愛すフリーランスの作編曲家。 バンドやユニット等のアーティスト活動を経て、フリーランスのクリエイターへ転向。 人生についてあれこれ試行錯誤しております。 お仕事のご依頼はお問い合わせよりご連絡ください。

-DAW & DTM
-, ,

Copyright© 波に乗りたい、たい焼きおじさん , 2019 All Rights Reserved.