たい焼きおじさん

波に乗りたい、たい焼きおじさん 〜水もしたたるいい金魚〜

ギター 音楽理論

アコースティックギターでカポタストの使い方&必要性を語ってみる

投稿日:2016年12月24日 更新日:




こんにちわ、Naruです。

アコギを始めた時に決めたこと


カポは使わねぇ


無理でした。


左手の握力だけがフライドチキンばりに膨れ上がっただけだった。

弾きなれると手がネックに馴染む

音がバラついたり、出たり出なかったりするから力ずくで抑えてしまうもの。
でも弾きなれてくると、添えるだけで良く鳴ってくれるようになる。


毎日使うスマホのように、触って弾いているうちに勝手に馴染むものなんだなぁ。
でも最低限の握力は必要だから、良いトレーニングだったのかもしれない。

表現すること

自分で演奏し、自分で歌う。

だけど

  • 弾くことに夢中になり歌が疎かになる
  • フレットの移動が多くて手元を見がちになる


ギターが上手く技巧なプレイを披露するのも、もちろん良いことですが、弾き語りをする人は想いを歌詞に乗せて発信する事の方が大事なのではないか。

自己表現の手段

正解はない。
ただもしそうなら、ギターは簡単に楽に弾けたら歌に、表現に集中できる。

弾きづらいキーも楽に抑えられるように、持ち方を変える事も表現の一部になる。

そうだ、カポを使おう

あっさり諦めましたよ。

↑どれも使いやすかったですよ

アコースティックギターの魅力といえば開放弦の音

ギターのレギュラーチューニングは、細い1弦から太い6弦までそれぞれ

123456
EBGDAE

となっている。

この開放弦の音を多く使えるキーが、アコースティックギターにとっての魅力
最大のポイントなのではないか。

カポを付けずに開放弦が多く使えるキー

弾き慣れるとそうでもないが、始めたての頃はとってもしんどい。
人差し指で全弦押さえ続け(バレーコード)

腕がぱんぱん!!
このバレーを極力したくない。

そんなキーはどれなのか。

アコースティックギターの開放弦のベース音(ルート)は

654
EAD

開放弦が多く使えるキーは

CDEFGA

アコースティックギターは上記6つのキーに置き換えると弾きやすい



キー Cでよく使われるコード

CDm7Em7FGAm7Bm7-5

キー Dでよく使われるコード

DEm7F#m7GABm7C#m7-5

キー Eでよく使われるコード

EF#m7G#m7ABC#m7E♭m7-5

キー Fでよく使われるコード

FGm7Am7B♭CDm7Em7-5

キー Gでよく使われるコード

GAm7Bm7CDEm7F#m7-5

キー Aでよく使われるコード

ABm7C#m7DEF#m7G#m7-5

ではなかろうか。

弾きやすいキーに変えるカポタスト

さて、カポタストを使ってみよう。

もしも曲のキーがE♭だったら。

キー E♭でよく使われるコード

E♭Fm7Gm7A♭B♭Cm7Dm7-5

ほとんどバレーコードやんけ。


では、どの位置にカポをつければいいのか。

開放弦を多く使うキーに移動してしまおう。

CDEFGA

このうちのどれか。

まずはE♭に近いキーを探す。

CDEFG

が近いことが分かった。

CやDはE♭よりも音が低いため、カポを付けて音が上がることを考えると原キーより上にしなければいけないのであれば

6弦を主体にした場合

  • Eのキーで弾きたいなら11フレットにカポ
  • Fのキーで弾きたいなら10フレットにカポ
  • Gのキーで弾きたいなら8フレットにカポ

ううむ、これでは高過ぎてウクレレみたいになる。

カポは付けても4カポくらいまでに留めて考えていこう。

4カポとは・・・4フレットにカポを付けた。ということである。

5弦を主体にした場合

  • Cのキーで弾きたいなら3フレットにカポ
  • Dのキーで弾きたいなら1フレットにカポ

3カポ以内でキーを変えることができた。



E♭のキーの曲を3カポCで弾くには

E♭Fm7Gm7A♭B♭Cm7Dm7-5

CDm7Em7FGAm7Bm7-5

へそれぞれコードの押さえ方を変更できる。

弾きやすいキーを探す

コードはキーごとに全て覚えるようにしましょう。
弾きにくいキーに出会ったら、押さえやすいキーに変換すること。
もちろんそれは、表現するための一つの手段であることが前提のお話。

弾きにくいコードも練習しておこう。

とりあえず覚えておくべきコード一覧

これさえ覚えればだいたい弾ける

CC#DEFF#GAB♭B
CmC#mDmEmFmF#mGmAmB♭mBm

これを覚えればコードとコードの繋ぎ、流れが生まれやすい

C7C#7D7E7F7F#7G7A7B♭7B7
Cm7C#m7Dm7Em7Fm7F#m7Gm7Am7B♭m7Bm7

これを覚えると深みが出て哀愁が出せるようになる

CMaj7C#Maj7DMaj7EMaj7FMaj7F#Maj7GMaj7AMaj7B♭Maj7BMaj7


とあるプロのギタリストの方に

「ギタリスト志望じゃなくて弾き語りするんなら、カポ使っていいんじゃね??」

の一言で人生に薔薇が一輪咲きました。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NaruIDEA

NaruIDEA

音楽と映像と写真と料理とお酒をこよなく愛す アーティスト&フリーランスとして作編曲家・出張レコーディング・写真・動画撮影・編集を中心に活動中! お仕事のご依頼はお問い合わせよりご連絡ください。

-ギター, 音楽理論
-,

Copyright© たい焼きおじさん , 2019 All Rights Reserved.