たい焼きおじさん

波に乗りたい、たい焼きおじさん 〜水もしたたるいい金魚〜

音楽 音楽理論

音楽に理論は必要か。曲作りや演奏するのに役に立つのか。どうなのか。

投稿日:2016年11月19日 更新日:

音楽するのに理論は必要ない

好き勝手楽しくやれればそれでよし。

自由であれ。

周りに迷惑かけなければそれでいいに決まってるじゃないか。

赴くままに進めばいい。



誰かと一緒に一つのものを奏でるには必要

アンサンブルっていうアレです。

リズムやコードがあってこそのもの。

誰かと合わせることの楽しみ、そして打ち上げ。

全てアンサンブルである。


ライブしたら打ち上げ。

家に帰るまでもがアンサンブル。


理論の前に大事なこと

  • メトロノームに合わせて練習すること
  • 運指の練習すること
  • 曲を覚えること
  • 何より音楽が好きなこと

以上。



これらをクリアできるなら音楽は理論があった方が楽しくなる可能性が

増えるかもしれない。

まず人が寄ってきます。

いい曲書く人にも寄ってきます。


良い思いするかもしれない反面

少なくともわたくしは苦しい思いをしましたよっと。

一時、曲が書けなくなりました。

コードが勝手に出てくるようになるのは嬉しい楽しい。

でも理論の上を歩いているような気分でイヤ。


そう、私はあまのじゃくである。

ちなみにこれオススメ↓

学ぶか学ばないかは自分次第

理論ってとても大事なこと。

バンドメンバーに必ず一人は欲しい。



おじさん的利点はこれだ。

  • 思いを聴き手やメンバーに伝えやすくなる
  • コード譜だけでもある程度読み取れる
  • 曲の精度を上げられる
  • セッションが楽しい
  • 転調もなんのその
  • ライバルにナメられにくくなる
  • 理論の知らないメンバーも波に乗れる


曲作りと理論は別けて考えるもの。

メロティーに対しコードは理論でつけられるが、セオリーになりがち。

音楽は自由だ!に回帰し、特徴のあるメロディーを創作すべきだと思うておる。


つまりはあれである。

良いメロディがあってこそ理論で引き立てることができるもの。

メロディが浮かばない人こそ理論を学ぶものだと解釈できた所存である。



ちょっと分かってきたらこちらもオススメ↓




-音楽, 音楽理論
-, , , , , ,

Copyright© たい焼きおじさん , 2018 All Rights Reserved.