たい焼きおじさん

波に乗りたい、たい焼きおじさん 〜水もしたたるいい金魚〜

DAW

初めてのDTM〜初心者向け機材&ソフト選び〜シーケンサー編 プロでもよく使用されているのはこれだ

投稿日:2016年12月18日 更新日:




DTMってなあに。

デスクトップミュージックの略だ。
よく「打ち込み」って言われるアレ。

そんな訳で、これから始める人に私なりにおすすめします。

何をするかしたいかで選べば良いに尽きる。
そして大事なのがお財布と相談。

と言っても高いやつはいい、は機材の話。

ソフトは安くても使いやすいのはいっぱいあります。

だから迷う。。。
実際使ってみないと分からないけど、高いやつは試し買いできない。
もし私が今買うとしたら見た目で選ぶの間違いなしである。

ここからは勝手な独断と偏見でちょっとだけ紹介していくのでご了承ください。

ソフト音源についてはこちらから↓

初めてのDTM〜初心者向け機材&ソフト選び〜音源編 仕事でも使っているものをご紹介

前回の続き。 音源についてつぶやいていきます。 そんな必要だと思う機材をこちらで紹介しています↓ Contents1 音源てなあに?1.1 MIDIとはなんだ?2 マルチ音源2.0.1 MOTU Ma ...

続きを見る

DAW シーケンスソフト

DTMするためのパソコンのソフトです。
今はMacもWindowsも両対応が多いから気にせず選びましょう。

自分のやりたいことが表現できればいいのです。

  • STEINBERG Cubase
  • Apple Logic
  • Apple GarageBand
  • Avid Pro Tools
  • Ableton Live
  • PreSonus Studio One

こんなところでしょうか。

藤本健さんのDTMステーションでDAWのシェアグラフが記載されており、とても参考になると思います。

ちなみに私はMOTU Digital Performerを使っています。

MOTU Digital Performer

優れたワークフローや豊富な付属音源により、インスピレーションを具現化するプロフェッショナルDAWソフト。

20年くらい前はほとんどの人がこれだったのに
いつの間にかシェアは落ち込んでしまいました。

そうそう、これは映像に合わせながら曲が作れるので映像制作の方にもオススメです。
楽譜作成もあり、とりあえず見れればいい程度ですが使いやすいです。
打ち込んだものを楽譜で渡したい時や、自分用に良いと思います。

ソフトは覚えるまでに時間かかるので頑張っていじくり倒すしかない。
だから買い換えないで済むように吟味して欲しいですね。

私は今更変えるのは面倒なんですよね。

Logic Pro X

安いし使いやすい上、無料のGarageBandで試してから移行すればいいですね。
どちらもAppleなので使い方は同じ感じです。

Macを使っている人なら候補の一つですよね。
2万円ちょいでかなり安いというのが大きなメリットであることと、シェア数が多いのでデータの受け渡しや分からないところを教えてもらいやすいです。

私の使ってるDigital Performerは7万くらいしますし、使ってる人が最近見かけないので泣けてきます。

STEINBERG Cubase

これ使ってる人も結構いますね。

こちらも歴史が長いのでシェアも多い。

Bitwig Studio

世界的にみるとBitwig Studioなんてのがシェア数高いようです。
日本ではほとんど使われていないようですが・・

気になるところですね。

PreSonus Studio One

あとはやっぱりこれでしょうか。
最近すごい勢いでシェアを伸ばしてきていますね。

PreSonusは機材もいいものありますから、DAWとの相性も使い勝手も考えられていると思います。

PreSonusにはFaderPortというかなり使い勝手の良い機材があります。
こちらオススメですよ。

PreSONUS FaderPort!DTM・DAWエンジニアには必須アイテムか!?

Contents1 PreSONUS FaderPort1.1 ムービングフェーダー1.2 Digital Performerも使用可能2 FaderPortのセットアップ方法2.1 新たしいPreS ...

続きを見る

パソコン以外に必要な機材はこちらもどうぞ↓

初めてのDTM〜初心者向け機材&ソフト選び〜機材編 パソコン以外で欲しいもの

当然ではあるが、DTMが出始めの頃の音楽機材は一つ一つが高価でサイズも大きく、とても個人では買い揃えることが難しかった。 だから必要最小限のみでスタートしたものだ。そうすると使っている機材はみんな同じ ...

続きを見る

結局のところ

使えば分かる。
使っていけば良いところが見えてくる。
当たり前ですが。

できることはだいたい一緒。
それぞれに良いところがあって、使う人次第でしょうか。

何をしたいか、どうしたいかでソフトとの相性がありますから、実際に使っている人に良いところ悪いところを聞けるといいんですけどね。

作りたい曲のジャンルによって向いている傾向があるようです。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NaruIDEA

NaruIDEA

音楽と映像と写真と料理とお酒をこよなく愛す アーティスト&フリーランスとして作編曲家・出張レコーディング・写真・動画撮影・編集を中心に活動中! お仕事のご依頼はお問い合わせよりご連絡ください。

-DAW
-

Copyright© たい焼きおじさん , 2019 All Rights Reserved.