趣味ブログ

我が家で自家製野菜、ベランダ菜園するぞ!空いたスペース有効活用

投稿日:2018年5月15日 更新日:

おはよう。

我が家のベランダは日当たり良好である。
洗濯がしたくなる。
太陽が誘ってる。

大丈夫だ、もう洗濯機はまわっている。

そうだ野菜を作ろう

動機なんてそんなものだ。
やるなら土を敷き詰めたいところだが怒られるのでそれはいかん。

だから仕方なくプランターで作ることにした。

必要なもの

何を作るかによる。

  • プランター 30〜50リットルくらい
  • 野菜用培養土
  • 支柱
  • 液体肥料
  • 愛情
  • 愛を注ぐジョウロ

スコップなどいらん、手でやれる。

何を作るかで必要なものが変わってくるから要注意

今回はきゅうりと茄子、そしてミニトマトを作ることにした。
タネから作ると管理が大変なので、苗を買ってきてスタート。

タネもそうだけど苗って安いんよ。
ホームセンターなら確実、近所では薬局に売ってた。

プランターの底に網を敷き、土を投入。

そして苗を移し替える。

たっぷり愛情を注ぐんだ。

しまった、愛情が溢れすぎてしまった。

人見知りなのかまだ受け止めてくれない。
プランターの底に敷く受け皿も忘れずに買おう。

必要なものに受け皿も追加しておいてくれ。

なす
きゅうり
ミニトマト

何事もチャレンジ、観察、そして考案。

あまり調べずに始めたため、伸びてきた苗が傾き始める。

これはいけねぇ
ちっさな支柱を添えてあげた。

掴んだ。

可愛さを知った私は毎日、朝晩水やりを欠かさなかった。
しかし、我が子の成長はとどまることを知らない。

きゅうりの支柱をもっと長くしてあげた。

肥料をあげよう

どんな肥料をあげれば良いのか調べてみたよ。

ハイポネックス原液

これを希釈して水撒きしたら

伸びる伸びる。

まー早い。

ツルが這う用にネットを取り付けたら喜んでいるようだ。

ん??

これはきゅうりの実なのか?

トマトもナスも順調にスクスク育ち。

完成

ほぼほぼ写真を撮るのを忘れ、野菜に夢中になってしまった。

なんとなくまとめ

きゅうりはもの凄く成長が早く、ひとつの苗で10本以上採れる。
成長途中で初めてなった実を間引くことで、全体が成長し、長く多く収穫ができることを知った。

ナスは太陽をしっかり当てることが大事。
ひとつの苗で5本くらい採れた。

トマトはプチトマトかと思ったら小さいトマトだった。
花が咲いたら受粉しないと実にならない。

花の中から花粉が飛び出し、中央の雌しべに受粉させる。
これを自家受粉と言うんだって。

指でトントンと軽く揺さぶり、自家受粉を促していたら、ひとつの苗から20個くらい収穫できた。

その後、我が家は暗雲を迎えることとなる。

日照不足で世紀末

まだまだ収穫できたはずの野菜たちにまさかの事態が起こった。

マンションの修繕工事による足場設置である。

太陽が当たらない。
日に日に弱る。

ちくしょう、なんてことだ!
夕焼けが目にしみる。

しかも工事をしている気配が全くない。

結局、半年ほど足場が付いたまま野菜はお亡くなりになり。

来年こそは!と強く誓うのであった。

follow us in feedly




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
なる

なる

音楽と映像と写真と料理とお酒をこよなく愛すフリーランスの作編曲家。 バンドやユニット等のアーティスト活動を経て、フリーランスのクリエイターへ転向。 人生についてあれこれ試行錯誤しております。 お仕事のご依頼はお問い合わせよりご連絡ください。

-趣味ブログ
-

Copyright© 波に乗りたい、たい焼きおじさん , 2019 All Rights Reserved.